mypage cart

ABOUT

ファーストビュー ファーストビュー

根を見つめる。

心とからだに向き合い、バイオリズムを受け入れる。
それは、ウェルネスケアの第一歩です。

どんなときも自分を受け入れ、自信をもって毎日を過ごせるように。
COCOROOTは女性の心身の悩みと向き合い、同じ歩幅でともに歩んでいきます。

自分を大切にできる人は、周囲の人や環境を大切にできる。

私たちは、誰もが愛おしい毎日を送れるように
一人ひとりの根を見つめ、水をやり、土を耕すとともに、
心身のゆらぎが当たり前に受け入れられるような
やさしく寛容な社会を育んでいきます。

女性の心とからだに寄り添う
フェムケアブランド

女性の心とからだに寄り添うフェムケアブランド

COCOROOTは、等身大で日々を生きる女性のためのフェムケアブランドです。

女性は月経、妊娠、出産、更年期など、ライフステージごとにさまざまなからだの変化や不調が起こります。しかし、なかなか声を上げづらい女性ならではの不調。我慢して抱えてしまうことも多いはず。

私たちは、からだはもちろん、現代女性の心にも寄り添い、いつでも自分らしく過ごせるための、新しい選択肢をご提案します。

女性の8割が感じる心身の変調

女性の8割が感じる心身の変調

調査によると、⼥性の約8割が⽉経前に⼼⾝の変調を感じています。しかし、世の中はまだまだ性差や年齢を問わず活躍できる環境とは言い難い部分もあり、無理や我慢をしている女性も少なくありません。また、毎⽉の⽉経やPMSによる不調はオープンにしにくいこともあり、周囲の人に相談できずに、一人で抱え込んでいる人も多いようです。

月経前に心身の変調を
感じることはありますか?

月経前に心身の変調を感じることはありますか?の円グラフ

それはどんな症状ですか?

それはどんな症状ですか?の棒グラフ

※自社調査(調査対象期間:2021年4月、対象人数:
28〜45歳の女性500名、方法:Web調査)

独自の調査では、多くの女性が月経前に「イライラ」や「下腹部痛」「肌荒れ」などの不調を感じていますが、大半の方は、つらくても自分のことは後回しにして仕事や家庭を優先したり、「仕方がない」とあきらめてしまっていることが分かりました。

⼥性のからだの不調は、放置すると将来的にさらに深刻な不調につながることも。自分と向き合い、対策をすること。そして、定期的に医療機関で検診を受けることも⼤切です。⼥性⼀⼈ひとりがPMSの悩みから解放され、この先のライフステージでも自分らしく過ごしていけるように。その一歩をCOCOROOTは応援します。

MANIFESTO

1 専門家との連携

医療に基づいて

1 専門家との連携

COCOROOTは、産婦人科医などの専門家の監修のもと商品開発しています。女性のゆらぎの根本を見つめ、忙しい現代女性の生活習慣から整えるサポートをするプロダクトをつくっています。

2 無理なく続けやすく

無理なく続けやすく

2 無理なく続けやすく

ウェルネスケアには継続が欠かせません。COCOROOTでは、日常になじむデザイン、人や環境に負担の少ない包装など、忙しくても無理せず自然体で続けられるよう、女性のライフスタイルを前提にした開発を行っています。

3 あなたに寄り添う

あなたに寄り添う

3 あなたに寄り添う

COCOROOTは、今だけでなく未来の健康も見据えて女性のウェルネスケアに向き合うことをめざしています。プロダクトを通じた課題解決にとどまらず、イベントや女性のからだにまつわる情報発信など、ともに学んでいける場をつくっていきます。

監修

対馬ルリ子医師

医療法人社団 ウィミンズ・ウェルネス
女性ライフクリニック 銀座・新宿 伊勢丹
理事長
産婦人科医師・医学博士

対馬ルリ子医師

日々の診察をしながら、女性の生涯のかかりつけ医としてトータルな健康支援に長年取り組んでいる対馬ルリ子先生。
ともに女性が生涯自分らしく生きていける社会をつくっていきたいという思いのもと、開発チームに参画いただいています。

対馬先生が代表を務める「日本女性財団」。コロナ禍の2020年に、“女性の生涯の心身と社会的なウェルビーイングを支援する”というテーマを掲げ、設立されました。
女性医師・女性支援者、政界・財界の女性リーダーたちと連携し、女性の生涯の活躍を後押しする、新しい日本の社会づくりを行われています。COCOROOTも「日本女性財団」の趣旨に共感し、支援を行っています。 日本女性財団について

日本女性財団 日本女性財団について

開発者の声

COCOROOTは、女性が毎月感じる不調を通じ、長期的な健康も見つめてほしいという想いを込めてつくったブランドです。私自身、長年月経による不調に悩んでおり、子どもが生まれてからはとくに、PMSの不調も感じるようになりました。調べていくうちに、“生活習慣を見直すこと” や “ストレスをためないこと” の大切さを学びました。
とはいえ、まだまだ女性の負担が減らない社会の中で、日々、自分の健康を大切にしながら過ごせる方は多くはないのではないでしょうか。もっと女性たちが生きやすい世の中になるよう、女性のつらさの原因を社会的・時代的な視野まで広げ、根本的から解決するブランドをめざしていきたいと思っています。

COCOROOT開発チーム押田