mypage cart

ABOUT PMS

ABOUT PMS

PMSとは

PMS(月経前症候群、Premenstrual Syndrome)とは、月経が始まる3~10日前から続く精神的あるいは身体的症状で、月経開始とともに軽快・消失するものをいいます。
ホルモンバランスの変化のほか、ストレスや疲労、生活環境も症状に影響を与えるといわれています。とくに心の不調が激しい場合は、PMDD(月経前不快気分障害、Premenstrual Dysphoric Disorder)が疑われますので、ためらわずに医療機関を受診してください。

おもなからだの症状
肌荒れ・頭痛・むくみ・だるさ・下腹部痛・便秘・貧血・頭痛・肩こり・眠気など
おもな心の症状
イライラ・憂鬱・涙もろくなる・集中力低下・無気力感など

PMSのメカニズム

PMSは排卵と密接な関係があります。女性の身体は、卵巣から卵子が排出されると“妊娠サポートモード”に入り、プロゲステロン(黄体ホルモン)が増加して身体を守ろうとします。プロゲステロンが増加すると、心が不安定になったり、肩こりやむくみ、肌あれ等が起こったりします。女性にとってうれしくない時期ですが、月経を起こすために必要なホルモンの変動です。
水分や糖分を溜め込むため、からだがむくんだり、甘いものがほしくなったりしますし、子宮を刺激しないようにと腸の動きが弱くなり、便秘がちになります。また、子宮を守るために感覚が敏感になり、⼩さなことに傷ついたり、過剰に反応しやすくなったりします。

PMSのメカニズム

PMSの症状を
緩和する方法もさまざま

ホルモンの変化に敏感な人は症状が出やすいと考えられます。例えば、ホルモンバランスの変化によって胃腸の症状が出る人もいれば、精神的な落ち込みにつながる人もいます。また、自律神経が乱れやすい人は、動悸やめまい、不眠、息苦しさなどの症状を感じることも多いようです。普段から疲れが溜まっている、あるいは、冷えやストレス、寝不足などを感じている人は、月経前になると余計につらく感じる傾向があるようです。

コンスタントに症状があるなと感じたら、基礎体温をつけて、自分の黄体期を予測できるようにするのもおすすめです。そして、不調が特につらいと感じたら、医療のサポートを受ける選択肢もあります。婦人科や女性外来では、PMSの治療として低用量ピルや漢方薬を処方してもらうことも可能です。

PMSの症状も緩和する方法もさまざま

毎月のホルモンバランスの変化と上手に付き合っていくために

生活習慣が乱れると、からだを整える自律神経が乱れやすくなり、ホルモンバランスの乱れを及ぼすことも。
PMSの緩和のためには、まず生活習慣を見直してみることも大切です。

  • 1

    バランスの良い
    食事

    ビタミン、ミネラル、タンパク質をバランスよく摂取すること。また、良質なオイルで脂質をしっかり摂取することも大切です。

  • 2

    リズミカルな運動

    ウォーキングやスイミングなどのリズミカルな運動を取り入れるのがおすすめ。日頃から腹式呼吸を意識して、自律神経を整えましょう。

  • 3

    ストレスのない
    人間関係

    なんでもひとりで抱え込みがちな人は要注意。会社や家庭の中で無理をしすぎず、自分らしくいられる環境をつくりましょう。

  • 4

    3カ月の記録を
    つける

    基礎体温やその時の症状、運動などの記録をつけておくと、自分を客観的に見ることができます。まずは3カ月継続してみましょう。

上記のように生活習慣を見直すことはとても大切です。しかし、忙しい女性にとって、毎日の生活を変えることは難しいもの。そこで今日からすぐに始められる“生活の整え方”をご提案します。

30秒のライトな運動
椅子に座りっぱなしは血流も滞り、体調不良のもとに…。30秒でもいいので、立ち上がって伸びをしたり、ゆらゆらしたり、からだを動かしてみましょう。
ほっと一息、白湯生活
朝起きたら、まずはじめに白湯を飲むことを習慣にしてみてください。代謝が上がり、胃腸が動き出して、消化機能が整います。
ポジティブ発信で
ストレス発散
声を出してからだを震わすと、ストレス発散になります。一人で歌うのも、ポジティブな言葉を発するのも◎。自分を肯定する言葉をかけたり、1日の終わりに自分を褒めるひとことメモを書くのもおすすめです。
「産婦人科医・対馬ルリ子先生に聞く、PMSと上手に付き合うには?」